1/100 FM ガンダムバルバトスルプス GUNDAM BARBATOS LUPUS 鉄血のオルフェンズ第2期 改修全塗装完成品

公開日: 

鉄血のオルフェンズ、第二期 主人公機 ガンダムバルバトスルプスの改修、全塗装完成品になります。

スジボリやプラ板、メタルパーツにてディテール追加
パネルラインや動力パイプ、シリンダー等、細部塗分け。
合わせ目消し
各部シャープ化によるディテールアップ
胴体部の5mm延長

その他詳細にて。

■詳細

ゲート処理

基本工作

パーティングラインやゲート跡をセラミックナイフとヤスリにて処理
メラミンスポンジで下地処理
各部合わせ目目消し
パーツ洗浄
合わせ目消し
サフ処理(白、グレー1000)

※以降は墨入れ、デカール貼り、最後のトップコートまで一つ一つのパーツに持ち手を付けたまま行います。
全ての作業、トップコート塗装が終わった時点で持ち手を外して組み立てます。
組み上げ後バランスを見て微調整などを行います。

◎主な改修点(画像参照)

スジボリとプラ板にてディテール追加

各部合わせ目消しや段落ちモールド化(画像参照)

パネルラインや動力パイプ、シリンダー等、細部塗分け。(画像参照)

アンテナ、フロントアーマー、襟等の先端にプラ板を貼り削り込みシャープ化(画像参照)

胴体部をプラ板と真鍮線にて5mm延長(画像参照)

ショルダーアーマーにマイナスモールドメタルパーツ追加

全てのパーツにエアブラシ塗装

タミヤ、スミ入れ塗料とコピックスミ入れペンにてスミ入れ

水転写デカールを多数使用

希釈はガイア社のプロユースシンナー、メタリックマスター、ブラシマスターを使用

白=ガイア EXホワイト
パネルライン=ガイア ニュートラルグレー
青=ガイア 調色
パネルライン=ガイアミリオンブルー
赤=ガイアカラー 調色
パネルライン=ガイア調色
黄色=ガイア ビビットオレンジ

フレーム=メタリックグレー=ガイアカラー調色
武器=メタリックブラック=ガイア調色
ツインアイ=ガイア蛍光グリーン

デカールはガンダムデカール鉄血用とNAZCAデカールをマークセッターを使い貼り付け

メタリックパーツ以外をガイアカラーフラットクリアー+クレオスなめらかスムースを混ぜたものをエアブラシでトップコート

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑